ドレッサー 鏡収納

鏡裏の収納。

鏡を左にスライドさせるとネックレス掛け。

mIMGP7168.jpg

右にスライドさせると可動棚が現れます。

もちろん鏡の角度を変えたままスライドすることが可能です。

mIMGP7174.jpg

鏡裏にネックレス掛けがあると便利だという要望で設計したのですが、

鏡の角度を付けたまま左右にスライドさせる機構にかなり苦労しました。

出来てみると、これが結構便利な収納。引き出しの中に収納するとごちゃごちゃしてしまうネックレス

が選びやすく取り出しやすくなりました。

 

自分では思いつかなかったカタチ。さすが、使用者が最大の設計者です。

家具 ドレッサー

mIMGP7165.jpg

山桜のドレッサー。

嫁さんの為に製作しました。

収納が多く欲しいというオーダーで、引き出し3杯と鏡の下に引き違い戸の

収納。更に鏡を左右にスライドするとネックレス掛けと可動棚が隠されています。

 

収納する物の寸法を測って各収納部のサイズを決定していきました。

物ありきの設計。

細かく設定できるのもオーダー家具の良いところ。

 

引き出しの前板などに節を入れたのもアクセントになって無垢材の良さがでたと思う。

mIMGP7157.jpg

つまみは小ぶりだけど存在感があるものを選択。

小箱用のものらしいけど強度的には十分そう。足元にコンセントも付いてます。

 

あとは足かけの部分に籐で棚を作って完成。

次はドレッサー用のスツールです。

中目黒

中目黒にある雑貨屋『鈴基商店』に商品を置いて頂くことになりました。

先日、その納品のために中目黒まで行ってきました。

少し路地に入ると小さなオシャレな店が並んでいる中にあります。

革バックから布小物、木製雑貨まで店長さんのセレクトした可愛い雑貨が並んでますので

お近くの方は是非足をはこんでみて下さい。

 

今週末オープンしました。

http://suzumotosyoten.com/

ドレッサー脚部分の部材。

四角い穴が加工できる角のみという機械で脚のホゾ穴を、

丸鋸の刃が付いている昇降盤という機械でホゾを加工します。 

ホゾの方をホゾ穴より若干大きく加工して、叩きこむことでガッチリと強固に組まれます。

m2012-02-07 14.39.41.jpg

 

 

ドレッサー板接ぎ

暖かくなったり寒くなったりで、ちょいと風邪ひいてから喉の調子がなかなか戻りません。

更に追い打ちで花粉が出てきて鼻もヤバいです。

 

ドレッサーの製作過程です。

まずは板接ぎから。

幅の広い板を作る為に、2枚の板をクランプで接着。

接着する板を木目や色見を見ながら慎重に選びます。

片側だけにクランプで締めると反ってしまうので両側からクランプで固定します。

このまま半日放置です。

 

甲板に少し節が入るようにしてみました。

節がアクセントになってカッコ良くなると思います。

 

s2012-01-20 13.27.19.jpg

 

 

イベント情報

1月に応募していたOZONE クラフトマーケットの出展決定通知が来ました。

OZONEクラフトマーケットとは、新宿にあるインテリアSHOPが集まっているビル『OZONE』で、

そこで毎年GWに開催されるクラフトマーケットのことです。

有名インテリアショップに並んで出展できると思うだけで気合いが入ります!

 

今後のイベント出展予定です。

●OZONE クラフトマーケット 5月3日、4日

●デザインフェスタ vol35     5月12日、13日

 

この連続具合は、また徹夜作業になりそう・・・。