TVボード用のアイアン脚

今日は午前中に近所のアイアン作家のMATERIAL WORKSさんへTVボード用の脚とつまみの相談へ行ってきました。

 

前回のBunkamuraでのイベントで知り合った方で、話していたら工房がすぐ近く、車で10分程の所に

あることが分かりお言葉に甘えてTVボード用のアイアン脚を製作して頂くことに。

普段は表札や門扉、オブジェなどを製作されており、特にオブジェの世界観は素晴らしいです。

あの硬い鉄がとても柔らかく見えるような作品で、金槌でつけた表面の表情も格好良いです。

 

工房内には数多くの金槌。

それぞれを使い分けて鉄表面に表情を作っていきます。

mIMGP8320.jpg

自動でハンマーが振り下ろされる機械も。

熱した鉄を叩いています。同じ叩き方をしても、常温の鉄と熱した鉄で違う表情になるそう。

物凄い振動でした。

mIMGP8319.jpg

mIMGP8335.jpg

サンプルをいくつか作って頂きました。

出来あがるのが凄く楽しみです。

 

物作りの先輩として色々貴重な話もして頂き有意義な時間でした。

さて、午後はまたPC作業!

 

 

 

HP更新

HP更新しました。

以前から製作していた商品2つをようやくアップしました。

 

卓上引き出し箱

 det_deskbox_3.jpg

更新したところですが、前回のイベントで売れてしまって在庫ありません・・。

近々、在庫分を製作しようと思ってます。サイズオーダーや、2段、3段の引き出しも可能です。

 

三段小箱

det_3box_6.jpg

 

他にも更新滞っているのがいくつかあるので近々UPしたいと思います。

CAD

最近の夜の日課は図面作成。

現在進行中は

アクセサリーを飾る展示台、カップボード、TVボードの鉄脚部品。

現行商品の最終の正式図面もおこしたいし、CADの操作スピードがまだまだ遅い。

 

一時期はJW-CADを使ってたけど、どうも扱いにくい。

そんな時に紹介してもらった頭脳Sketch7というCAD。CADソフトの中ではマイナーですが

お手頃価格で、しかも扱いやすい。昔仕事で使ってたCADと似た操作で使えるのがヒットしました。

家用CADでどれにしようか悩んでる人は是非!おススメです。

 

吸い付きアリ桟

mIMGP8306.jpg

扉の反り防止で、吸い付きアリ桟加工しました。

アリとは台形のような形のことを言い、板同士の組手などにも用いられます。

台形になっているので一度はまると抜けることがありません。

吸い付きアリ桟は、このアリ型の溝を板の幅方向に掘り、その溝の形に形成した角材(桟)を通すことで

反りを防止する仕口です。

mIMGP8311.jpg

溝と桟には微妙なテーパが付いており奥に行くほど狭くなるように加工しています。

2~3/1000ぐらいのテーパなので300mmの奥行きの場合は0.5~1mmほど狭くします。

このテーパの為、半分ほどまでは手で差し込めますが、そこから先はクランプで挟み少しづつ締めつけていきます。

ちなみにこの桟と板は、板が湿度変化で伸縮しても自由に動けるように接着剤で固定はしません。

最後に溝の入り口にアリ型の蓋をして完成。

 

この作業中久々にやっちゃいました・・。

ノミでアリ溝の微調整をしていたときに、ノミをすべらせてサクッと手首の上の方を切ってしまった。

しかも手工具での怪我では、これまでで一番広く深く。

めんどくさがって材をしっかりクランプ等で固定しなかったのが原因。

いや、反省です。まじで。。

 

ただ、このアリ桟は材が動かないよう、なるべく一日のうちに終わらせるのが良いので

軽く処置して作業続行。

集中していた為かあまり痛みが無いなーと思っていたが、帰りの車の中でズキズキきました。

 

ケガにだけは気を付けよう。

 

 

テレビボードのルーバー扉

mIMGP8298.jpg

扉の仮止め。

左右の引き出しの前板はまだ付けてません。

ルーバー扉のドロップ丁番取りつけの際にネジに引っ張られて少しずれてしまった。

ネジ穴に細棒を埋めて何とかなるかな。明日調整します。

あとは、扉と引き出しの仕込み。削りすぎたらやり直しがきかないので慎重にカットしていきます。

 

最近は何となく暑さもやわらいできたのかな。

少しずつ我慢できるぐらいにはなってきたような感じがする。

TVボード本組み

mIMGP8214.jpg

TVボードの本体部の本組み完了。

引き出し収納2つ、スイングダウン扉の収納が4つになります。

無垢板でこのぐらいの大きさになると、重くなってきて一人で取りまわすのも一苦労になってきます。

多少の凹みなら、凹部に濡れたウエスを置いて上からアイロンを当てれば、水蒸気によって凹んだ繊維が元に戻りますが、

木の繊維が割れてしまっては修復不可能です。

 

向きを変える時は息を止めて傷つけないように慎重に。

 

 

チェリー材のカッティングボード

mIMGP8177.jpg

写真はチェリーで作ったカッティングボード。

クルミ油を塗布して乾燥中です。この後、蜜蝋を塗って完成。

プレゼント用でいくつか製作したので形を何種類か作りました。

ちょっとしたラインや面取り、木目で印象がガラッと変わるのが面白い。

はまりそうです。

 

夕方から花火を見に行く予定だったが、昼の雨で行くのを迷っているうちに

寝てしまい気付いたら開始時間になってました。

夜に用事があったので近くのヤマダ電機に行くと屋上駐車場から小さく花火が見えました。

しかも別の会場の花火も。ちょっと得した気分。。

板接ぎ

mIMGP8169.jpg

連日暑さが厳しい。

今日の工房内温度36度。

昨日は38度をマークしました。

いつか40度に達するんではないかとひやひやしてます。

 

今日はTVボード用の板接ぎ。

これだけ暑いと板接ぎも大変。

重い材料を振り回すのも一苦労だけど、接着剤の乾燥が早いのがまた大変。

まだ涼しい午前中に6枚の接ぎを終わらせて午後からは詳細図面書き。

今回は脚に鉄を使ってみようかと思っています。