オーダーのスリッパラック

mIMGP9849.jpg

ここ最近スリッパラックを製作する機会が多いです。

このスリッパラックは半年以上前からご相談頂いていたものです。

お客様はお忙しく中々ご連絡が取れなかったのですが、

今年5月くらいから方向性が固まり完成となりました。

 

既存の座面付きのスリッパラックを気に入って頂き、その雰囲気を残しつつ

玄関の靴箱に合うサイズでお願いしますとのことでした。

サイズは縦長で、スリッパを5足向かい合わせに収納でき、靴べらを掛けるフックが付いていると良いという

ご要望を形に落とし込んでいきました。

スペース的に5足収納はギリギリでしたが、支柱の幅を調整してなんとか達成。

 

mIMGP9858.jpg

スリッパを掛ける枝部分の先っぽが開いているため、上に引き出して取ったり、横にスライドして取ることもでき

使い勝手も良くなりました。

mIMGP9857.jpg

靴べらを掛けるフックはメープルで小さいアクセントにしました。

こうなると木の靴べらが欲しい。

 

お待たせ致しました。

もうすぐ発送致します!!

オークの板

mIMGP9834.jpg

ダイニングテーブルの天板になるオーク材。

木取りしたので少し養生しておきます。

木は削ると反りなどの動きが出るので、

少しずつ削って最終的な厚さにします。

 

その間に椅子の製作を進めます。

mIMGP9839.jpg

 

 

組立前のちょっとした時間

オーダーのスリッパラックの組立前。

部品が面白い形だと、組立前に色々と組み合わせてみて遊んでみます。

そこから新しい形が生まれる予感・・・がするのです。

mIMGP9814.jpg

なんか漢字みたい。

発展出来そうな形ですね。

mIMGP9815.jpg

mIMGP9816.jpg

90度で組み合わせてみたり。

組み合わせては想像してを繰り返すとあっという間に時間が過ぎてしまいます。

そろそろ元の形に組み立てないと。

で、実際はこうなります。

mIMGP9818.jpg

 

お盆の恒例行事

mIMGP9811.jpg

実家にて、お盆の毎年恒例の牛馬と迎え火。

お盆の期間、これに乗ってご先祖様がやってきます。

日本のこういう思いやりが詰まっている風習好きです。

 

親父も帰ってきてるかな。

私がまだ家具作りをしていない頃に亡くなったんで、

私の作った家具を見てなんて言うかな。

ちょっと聞いてみたい。

 

さて、暑いお盆ですが4日間ゆっくりしていって下さい。

子供椅子の大人用

mIMGP9777.jpg

子供椅子が大人用に変身。

老齢のお母様が靴を履くのに立ちあがるのが大変との事で

玄関用の腰掛け椅子としてお選び頂きました。

玄関に置いて使用するので、引き出しには宅急便用に認印等を入れるようです。

 

製作者では気付かない視点で、

なるほど、そんな使い方もあるのかと思うご相談でした。

 

お母様に気に入って頂けますように。