ドレッサー追い込み。

今まで製作してた大きいドアが無くなって広くなった工房ではドレッサーの追い込みです。

オーク材のドレッサーとスツール。

オーク材とナラ材はほとんど似たような材料です。

ぱっと見はほとんどかわりませんが、良くみるとオーク材の方が木目があらい感じです。

また重さもオークの方が重く、固いです。

鉋も逆目がなかなか手強い。

刃を良く研いで気を付けて鉋をかけないと

『逆目ぼれがぁぁぁ』

となって泣きをみます。

 

スツール組立前

mIMGP0686.jpg

組みあがるとこんな感じ。

凹んだところに座面が入ります。

mIMGP0694.jpg

そういえばアイアン作家さんが来た時に、木屑は優しくていいね~って言ってましたが、

確かに鉄粉は厳しそうですね。

言われて木の香りがいいなぁと再認識しました。

製作する樹種で香りが全く違うので楽しいですね。

ちなみに私が一番好きな香りは、やっぱり甘い香りの山桜。

mIMGP0685.jpg

 

ドレッサーの引き出し部です。

mIMGP0681b.jpg

本体の組立。

棚は籐張りになります。

mIMGP0688.jpg

太陽のドア

幼稚園のドアが完成しました。

デザインはアイアン作家のIさん。

私は木部担当で製作させていただきました。

美大出身のIさんのデザイン画を初めて見た時はどのように製作しようか悩みましたが、

なるべくイメージを壊さないようになんとか形になりました。

mIMGP0667.jpg

アイアン作家さんが来て、ガラスの組み込みと鉄の取っ手、飾りを

一日がかりで行いました。

mIMGP0668.jpg

丸ガラスにはそれぞれにサンドブラストで季節の絵が描かれてます。

mIMGP0669.jpg

2枚並べると真中に太陽が出来る

その名も『太陽のドア』です。

mIMGP0672.jpg

mIMGP0680.jpg

福島の幼稚園ですので、設置は現地の工務店にお願いしております。

取り付けた後の園児の顔を見てみたかったです。

ドア製作もそろそろ最後の山場が近づいてきました。

部分組立したのを仮組み。

mIMGP0654.jpg

悩んだアーチの構造。

強度もどうにかクリア出来てそうです。

クランプで締められるように先端はブロック状で残して、

組み立ててから削ります。

mIMGP0653.jpg

アールもばっちり合いそう。

mIMGP0657.jpg

 

本組立の前に次に製作するドレッサーの木取りをして本日は終了。

材料はオークです。

コンソール納品

今日はコンソールの納品に行ってきました。

以前に棚の塗装をした方から玄関のスペースに合うコンソールをご相談頂いておりました。

お部屋は白を基調にした家具でまとめられていてとても素敵な空間で、

玄関は落ち着いた感じにとのことでウォルナットでシンプルに。

 

自宅で刺繍の教室をされているので、生徒さんもよく通る玄関です。

ここに季節の物を飾られるようで、これからが楽しみです。

 

お土産のパンも有難うございました(^.^)

車の中で美味しく頂きました!

この度は有難うございました。

mIMGP0638.jpg

mIMGP0641.jpg

玄関先のスペースにぴったりサイズで製作です。

mIMGP0601.jpg

玄関先で必要なハンコ等をしまっておけるように引き出し付きです。

 

帰りに以前に棚を納品した世田谷のお菓子屋polepoleさんに寄り道。

開店してから初めての来店です。

相変わらず明るいオーナーと娘さんで、テーブルと椅子があれば長居したくなるお店です。

 

更に寄り道で工房近くの花畑。

mIMGP0646.jpg

サクラ

久々に休みを取って、毎年恒例の妻と千本桜散歩に行ってきました。

お昼から雨の予報だったので

午前中に散歩からのお昼は実家でご飯のコース。

雨ギリギリセーフでした。

今年初の桜見物も葉桜になるギリギリセーフ。

 

mIMGP0620.jpg

 

桜吹雪が舞っていて、妻の髪の良い位置に落ちてきた。

 

mIMGP0622.jpg

 

帰り道の公園も桜の絨毯でキレイ。

満開の時に行けなかったけど、散り際も良いもんです。

 

mIMGP0627.jpg

ドア製作

アトレ川崎の催事も無事終わりました。

私は立ち会えませんでしたが、多くの方にご覧頂き誠に有難うございました。

ご注文頂いた物は順次製作していきますので少しお時間頂きますが、楽しみにお待ち下さい!

またコレパンの他出展者やスタッフの方々、有難うございました!

搬入と撤去しか行けませんでしたが、その短い時間でも他の物作りしている方々と

話して刺激をもらえました。扱うジャンルは違えど情熱は皆一緒ですね。

 

さて工房ではドアの製作に入ってます。

荒木取りして狂いを出していたクルミ材を所望の寸法に加工していきます。

乾燥してある材で少しづつ削って狂いを出してあげても、削ると木の表裏の水分量の違いや

木の繊維の応力が変わってきてどうしても反りが出てきます。

ましてや玄関のドアに使うとなると外の中の湿度差でどうしても反り・狂いを防ぐことはできません。

 

材木屋から製材されてきた時の材の反り具合、荒木取りして少し放置しておいた状態での反り方向を

把握しておいて、もし反ってもドアの開閉になるべく影響がないような配置を考えていきます。

今回のドアはデザイン上ちょっと面倒な構造もあり、ほぞの構造もどのようにするか凄く悩んでます。

悩みすぎて最近の夢もほとんどドア製作です。。。

強度・材の動きの影響・見ため等、考えれる事は全てやって、ひとつひとつ不安材料を消していきます。

 

mIMGP0590.jpg

mIMGP0591.jpg