テーブル木取り

ここ何日か涼しくて作業がはかどります。
長袖、長ズボンでやるものだから蚊にも刺されず集中力もアップ。
だけど涼しくなると夏が終わるようで、なんか寂しい。
特に夏が好きで、夏を満喫しているというわけではないけど。
作業はというと、
涼しいタイミングでダイニングテーブルの天板と脚の木取りが出来て良かった。
仕上げ寸法より若干大き目に削ります。
このまま反りを出すため一カ月ほど置いておきます。
さて明日からは小物の追加製作と椅子製作。
ルンバが通れるアームチェアの展示品が無く、
実際に座って頂くことが出来なかったので、
ご注文分と催事用の展示品も一緒に製作する予定。

mIMGP1207.jpg

楕円のローテーブル

楕円のローテーブル。
オーソドックスな形はちょっとした寸法や細部の仕上げが命。
特に寸法は決めるのが難しい。
開き角度がイマイチだったので脚は一回作り直しました。。
太さも若干一回目の物より太くしました。
今日は暑い上に鼻水まで出ていて、更に胃まで痛くなってきてまったく集中力を維持できず。
だけど、最終的には上手くまとまった形になりました。

mIMGP1198.jpg

mIMGP1195.jpg

一皮

mIMGP1189.jpg

一皮めくると新しい木肌が出現。
長く使うと味が出て、
一皮めくると新品に。
無垢材の良いところです。
展示用で使っていたローテーブルを、違う形に作りかえてます。
mIMGP1183.jpg
反り止め用の蟻溝掘り作業。

帰省と納品

お盆に妻の実家への帰省の途中に納品に行ってきました。
6月の家具40人展でご注文頂いたオープンシェルフの納品時期を、
帰省のタイミングに合わせて頂きました。
帰省ラッシュ前に出発したのでスムーズに名古屋到着。

棚部分に本を置きたいとのご要望でしたので、展示品とは少し変えて製作しました。
それぞれの棚の上160mmぐらいの所に本が寄りかかる桟を設置。
また、本体を間仕切りのように置くので、裏にも扉を付けて両面から出し入れが出来るようにしました。
玄関から見えてしまうリビングの目隠しになり、なお且つ圧迫感がない。
こういう使い方はオープンシェルフの本領発揮ですね。
一緒にナラ材のマガジンラックも使って頂いております。

mIMGP1155.jpg

mIMGP1157.jpg
35年前に買ったタンスの蝶番が折れてしまったので見て欲しいということでしたので、
帰り際に現物を見せてもらいました。
蝶番は昔のでしたが、現在流通しているスライド蝶番と互換性があったので、
部品を入手して帰りに再度お邪魔させて頂き修理しました。
きっと思い出もいっぱいある家具、これからも修理して長く使って頂きたいです。
オープンシェルフも35年経った頃には、きっといい表情になってると思います。
その頃にまた見たいです。
帰省中は夏の暑さも無く涼しく快適。
お姉さん夫婦の子供も来てプレパパ体験。
といっても一緒にプラレールとかで遊んだだけですが。
遊ぶ時の子供の発想力には驚かされます。
畳を海に見立てて座布団を島にしたり、そこから魚が出て来て捕まえたり。
その時々で色んな設定を考えて空想しながら物語を作っていく。
この自由な発想力を潰さないように育てたいなと思いました。
帰りには野菜やお米をいっぱい頂きました。
自家製の野菜!美味しく頂きます!

オープンシェルフ製作開始とまったり花火

オープンシェルフの製作に入ってます。
1800mmの部材の木作り。
板の反り具合から所定の寸法とれるかどうかギリギリのところだったけど、
自動鉋で少しずつ責めていき、何とか残り0.2mmのところで反りを取れました。
ふぅ。。 あぶなかった。

mIMGP1085.jpg

オリジナルのオープンシェルフのセミオーダーとして
桟を多めにしているのでほぞ穴も多めです。
mIMGP1125.jpg
さて、夕方から近くの花火大会へ。
始まる5分前に到着!
去年見つけた穴場に直行です。
ここ、会場に向かう途中にたまたま見つけたんですけど、
綺麗に見える割にガラガラなんです。
妻が家で作ってきてくれた焼きそばを食べながらまったりと観賞できました。
mIMGP1100.jpg
近所のご夫婦が自転車で見に来るくらいのまったりさ^_^
来年はブルーシートと椅子を持ってきて更にまったり見ます。
mIMGP1109.jpg