催事日程

昨日は催事の搬入で横浜丸井へ。
ばたばたしてて告知忘れてました。。。
遅くなりましたが今日から始まってます。
日時:4/29~5/10
場所:横浜マルイ 地下1F
GW中に横浜に行くことがありましたら是非お立ち寄り下さい。

mIMGP2479.jpg

お寿司屋さんカウンター延伸分

お寿司屋さん移転に伴うカウンター延長分の製作をしました。
既存のカウンターが90mm厚のスワール材。
スワール材?南洋材のようですが初めて聞きました。
さすがに同じ材料は出回って無さそうなので似た導管の感じだったクルミで製作。
色は着色で近づけることに。
クルミ2回目の使用です。
ウォールナットと同じ種類の樹種ですが、色はウォールナットより薄いです。
加工もしやすく、肌触りも暖かさがあります。
長さは1300mm、奥行き900。

mIMGP2454.jpg

既存のカウンターが反りや凸凹が激しかったですが、なんとかピッタリと付きました。
設置すると違和感が無く、せっかくの無垢材を着色するのがもったいなかったので
結局無着色で行くことにしました。
mIMGP2459.jpg
春が来たかと思っていたらまた寒くなってきました。
ストーブに当たりながら箱60個組立に入ります。

mIMGP2449.jpg

可愛いお客様

マガジンラックに使う革の在庫が無くなっていたので浅草橋で調達してきました。
浅草橋は革問屋が多いのです。
牛革サドルレザー2mmです。
普段は1.6mmくらいを使ってるのですが、在庫が無いとのことで2mmを買ってみました。
感触としては問題なく張れそうだったし、厚くなることで耐久性や質感の利点もありそうだったので
使ってみることに。

mIMGP2415.jpg

広げて型に沿って裁断します。
革は天然物なので、生きている時に付いた傷などももちろんあります。
天然物に付いている節や傷などは、ホントはとても自然なものであり上手く取り入れると
とても恰好良くなると思います。
だけど、どうしても目立つので人により好き嫌いも分かれるし、入れる場所によってはバランスが悪くなったりと
難しいのも確かです。
なので基本的に現物を見れないネットでのご注文の際は、なるべく傷や節などは避けて製作するようにしています。
展示用ではもっと節等を活用した家具を作っていきたいと思ってます。
普段は桟のマガジンラックの注文の方が多いのですが、
今回は革です。どちらかというと革の方が大人な雰囲気。
そんな革のマガジンラックを首を長くしてお待ち頂いているお客さんは
3歳のお子さんです♪
置きたい絵本や図鑑を本棚から引っ張り出しては、これは大きすぎて置けないかな?
と毎日親御さんに相談しながら既に準備しているようです。
何とも可愛らしい(*^_^*)
本日発送しましたよー。
届くまでもうちょっとだけ待っててね。
mIMGP2425.jpg

フリーハンド

来月からイベントがいくつか始まるので、
小物を多めに製作してます。
一輪挿しは気の向くまま作ります。
旋盤にかけてから削りながら形を決めます。
一つとして全く同じ形はありません。
似たような形でも良く見ると微妙にラインが違います。
だから同じような形を作ろうとしてもちょっとしたラインの違いで不格好になることも。
ラインを大事に、雰囲気を大事に。

mIMGP2418.jpg

mIMGP2420.jpg

お礼参り

戌の日に安産祈願した鎌倉の大巧時へお礼参りに行ってきました。
暖かいぽかぽか陽気で気持ちいい日。
桜も綺麗でした。
安産のお守りをお返ししたら、今度は子育てのお守りを頂きました。

mIMGP2368.jpg

mIMGP2371.jpg
mIMGP2375.jpg
帰りに近所の桜並木にお散歩に行きました。
この桜並木に小学校があり、小さい頃から毎年見ていた桜。
来年は河川の工事のため伐採されるそう。
娘が大きくなって花見をしたかったけど残念です。
mIMGP2404.jpg