4月いろいろと

4月初めから子供が保育園に通い始めたのですが予想以上に慣れるのが早くて、3日目、4日目には楽しそうにニコニコで登園してました。朝なんて親がまだ準備できていないのに、リュックを催促するので背負わせてあげたら、バイバイと言いながら1人でトコトコと玄関に向かって行ってベビーカーに乗せろアピール。ちょっと待っててねと言うと玄関で座って待ってます。初めてのところや知らない人がいるところに行くと必ず固まっていたから、おそらく保育園も慣れるのに時間かかるだろうなと覚悟していたのに意外でした。最近の成長が著しくて本当に毎日が楽しみです。

さて、先週参加してきた東京クラフトマーケット無事にとは言えなかったけど終了しました。2日目がテントも飛ばされそうな強風で危険なため私の出展していたエリアは残念ながら撤収となりました。それでも一日目にはいろんなお客様の出会いがあり大変楽しかったです。

前日に急遽思い立ち作った看板。チェリー材の板にスプレーでペイントしました。イベントが終わったらまた材料に戻ります。

mIMGP4124

製作の方は、、

マガジンラックの革張り作業です。奥が木桟仕様で、手前が革張り仕様です。革張り方は革がたるまないように真ん中に桟が一本入るように仕様変更しました。

mIMGP4122

牛革の半裁から型を使って切り取っていきます。

mIMGP4154

こちらは12角形の筒。まずは6角形を作ってから12角形に成形します。一面一面に当たる光の明るさが異なって繊細な印象で綺麗です。最近お手伝いさせて頂いている万華鏡屋さんに送ります。万華鏡なんて十数年見ていなかったから昔の紙の筒に入っていて、回すと中に入っている紙?ビーズやらがシャカシャカ変わるものしかイメージになかったけど、最近の物は進化していて綺麗でびっくりしました。模様(ビーズ等)がオイルの中に入っていてゆっくりと動くようになっているんですね。見てて癒されます。

mIMGP4149

杉材

先日、足柄にある材木屋さん木材工房あしがらさんにお邪魔してきました。自然に囲まれた気持ちの良い場所です。

DSC_0349

神奈川県産材の杉を探していたのですが、杉材は基本的に建材としての利用が前提になっているので家具材として使える杉がなかなか見つかりませんでした。含水率といって木材の中に水分がどのくらい含まれてるかを示す数値が建材は20%ぐらいなのに対して、家具材として使う場合は10%ほどまで乾燥させた物を使います。高気密住宅や冷暖房の効いている現代の家の中では含水率が10%ぐらいに落ち着いてくるため20%の乾燥材では、水分が抜ける過程で大きな反りや割れが発生する可能性があるためです。

あしがらさんでは乾燥にバイオ乾燥機というものを使っているようです。人口乾燥に比べて極低温で乾燥させるため、細胞を壊さずに水分を移動させるとのこと。

左に移っている木の小屋がバイオ乾燥機。庫内は35℃~40℃くらいに保たれてます。中に入ると温度の低いサウナみたいな感じで、寒い冬には気持ち良い空間です。

中には杉・桧・欅・クヌギ・タモ・桜などなど色々な種類の材の乾燥中でした。

これは製材前の丸太。ここから指定の厚みで挽いてもらうことも出来ます。

色々とお話をしてもらった後に、杉材を注文。在庫の板には丁度良い厚みの板が無かったので、丸太から挽いてもらうことになりました。2~3週間後の納品が楽しみです。

4月イベント予定

【お知らせ】

4月のイベント予定です。

○お知らせが遅くなりましたが、エキュート立川は始まってます。

  • 場所:エキュート立川 3F
  • 日時:4月4日(月)~5月8日(日)10:00~21:30

 

○TOKYO CRAFT MARKETは初参加です。ファーマーズマーケットも一緒に開催されているので新鮮な野菜や美味しい食べ物もいっぱい出店されるみたいです。

  • 場所:青山国連大学
  • 日時:4月16(土)~17日(日) 10:00~16:00

今月も宜しくお願いします。