ほぞ

ほぞ穴

強度と形に合ったほぞ組みを施します。

部品の段階でも美しい形。

チェスト途中経過

ナラ材でチェストと電話台を製作しております。

このチェストと電話台は箱の組み手を”前木端留めあられ組み継ぎ”という方法で作ります。凸凹で組み合わせるのを”あられ組み継ぎ”といいます。強度が出るのと同時に手仕事が垣間見られてデザインにもなります。精度はコンマ数ミリできつすぎず緩すぎずのところを狙います。

これに箱として組んだときの手前側が留めになるようにしたのが”前木端留め”です。留めとは45°の事です。なので加工は更にもうひと手間かかります。あられ組みは少し堅い(重い)印象になるのですが、前を留めにすることでシャープでスタイリッシュな印象が出てきます。

電話台の箱部分を加工した板。凸凹が5個あるので5枚組です。手前だけ45°でカットしているのが分かります。

電話台

こんな感じで組み合わさります。

あられ組継ぎ

チェストの板も加工し、仮組みをしてみました。上手くぴったりと合いました。

ナラ材チェスト

またバラしてから研磨をして本組みになります。

チェスト

交通公園

今日の休みは辻堂の交通公園に家族で行ってきました。

交通公園とは子供が自転車の練習や交通ルールを学ぶ目的で作られた公園のようで、敷地内には教習所のように道路コースや信号が設置されていて、街中を走る練習が出来ます。自転車も貸し出しされており、中には4人乗りやゴーカートの形の自転車等ありました。

私は始めて交通公園の存在を知ったのですが、県に4~5箇所あるのですね。調べてみると辻堂に楽しそうな乗り物がある公園があったので早速行ってきました。

まずはスカイサイクル。レールの上をペダルを漕いで進むやつです。これは有料で子供100円、大人210円でした。結構楽しい。2人乗りなのでパパとママと交代で2回乗りました。

mIMGP6952

次は家族で乗れる4人乗りのファミリー自転車。前に子供が乗って、後ろで親が漕ぐ感じです。

mIMGP6961

ソリもあります。子供にとっては結構なスピードを楽しめます。

mIMGP6947

自転車の練習もしました。何でも自分でやりたがる時期なのに、最初はまったく漕げなくて悔しいのか半べそモード。上手く出来るようにアドバイスしても『自分でやるの!』とまったく言うことを聞かないので少しほっておいて好きなようにやらせてたら少し傾斜のところで転んで大泣き。

もうやめるかと聞いてもまだやると言うので乗せたら、何かふっきれたのかそこから見違えるように上達しました。きっと子供なりに色々と試行錯誤していたんだなと。

親は正解を知っているから明らかに間違った事や失敗をさせないように、一番近道で上手くなる方法を教えてしまいがちだけど、時には好きなようにさせて見守るだけでいる事も大事なんだなと気付かされました。日々の生活でもついつい口を出してしまうけど、これから少し気を付けよう。

ちなみに敷地内の信号機は鉄腕アトム!

mIMGP6977

一部有料の施設もありますが、基本無料でここまで遊べるので交通公園オススメです!

謹賀新年

会社年賀状2018W

明けましておめでとうございます。2018年もWOOD in the ear及びinahonoを宜しくお願い致します。

2018年も日々の生活が楽しくなるような家具/無垢材雑貨/その他雑貨を作っていきたいと思います。その為にも日々考え、悩んで(楽しく)、学びよりよい物を産み出していきます。

年末年始は少し時間があったのでHPリニューアルの計画を立ててました。今年中には新しいHPを立ち上げるのが目標です。作業が立て込むと事務仕事をする時間が夜遅くなるので寝不足が続くので厳しいのですがなんとか尻を叩きながら完成させたいと思います。

仕事始動は1/5から。年末に荒取りしといた材料を使ってチェストと電話台からの製作となります!