チェスト途中経過

ナラ材でチェストと電話台を製作しております。

このチェストと電話台は箱の組み手を”前木端留めあられ組み継ぎ”という方法で作ります。凸凹で組み合わせるのを”あられ組み継ぎ”といいます。強度が出るのと同時に手仕事が垣間見られてデザインにもなります。精度はコンマ数ミリできつすぎず緩すぎずのところを狙います。

これに箱として組んだときの手前側が留めになるようにしたのが”前木端留め”です。留めとは45°の事です。なので加工は更にもうひと手間かかります。あられ組みは少し堅い(重い)印象になるのですが、前を留めにすることでシャープでスタイリッシュな印象が出てきます。

電話台の箱部分を加工した板。凸凹が5個あるので5枚組です。手前だけ45°でカットしているのが分かります。

電話台

こんな感じで組み合わさります。

あられ組継ぎ

チェストの板も加工し、仮組みをしてみました。上手くぴったりと合いました。

ナラ材チェスト

またバラしてから研磨をして本組みになります。

チェスト