製作ラッシュ

今年の花粉は本当に酷かった。鼻水でまともに夜も寝れない、目がかゆい、喉が痛い。ほぼ風邪の症状です。

そんな花粉もほぼ無くなって、しかも暖かくなって気持ちの良い季節がきました!そして工房は製作ラッシュで忙しくさせてもらってます。

まずはテーブルの木取り。通常のダイニングテーブルとエクステンションテーブルの2台分です。木目や幅を見ながら最適な部分を木取っていきます。

mIMGP7339

これはエクステンションテーブルになる部材です。

mIMGP7384

こちらは通常のダイニングテーブルの板。厚みを削ったらシーズニングに入ります。

ナラのテーブル材料

そして店舗什器の部材。陳列棚4台と収納ワゴン14台そして試着室を製作します。プリント合板を使うのでプレスが活躍します。

mIMGP7378

ワゴン14台分は狭い工房ではいっぱいいっぱい。

mIMGP7381

シーズニングを終えた板で剥ぎ作業。幅を繋いでいくのですが、ただ真っ直ぐにした板同士を繋げるのではありません。隣同士くっつけた時に真ん中付近で紙1枚分ほど隙間が空くように削っておくのです。写真で少し光りが漏れているのが分かります。こうすることにより真ん中をクランプで閉めた時に両端がより強い力でくっつくようになるのです。見えない手間が掛かってます。

mIMGP7396

mIMGP7400

その他、小物などもお待たせしておりますので、GWもおそらくフルで仕事。

本当に、色々とお仕事頂きありがたい限り。頑張ります!

娘のDIY

洗面台用に踏み台を作って欲しいと言ってきたので、『今度一緒に作ろうか?』と聞くと『作りたい!』とやる気だったので工房で娘と一緒に踏み台製作をしました。

のこぎりを使ってカットしたり、インパクトドライバを一緒に使ってネジを締めたりと木工に挑戦しました。写真は出来上がった物は痛くないように角を取るんだよと教えて、一生懸命サンドペーパーで磨いている図。

mIMGP7334

今度はオブジェ?の製作。色んな形の端材を使ってボンドでどんどんと接着していきました。写真撮るの忘れたけど最終的に凄い大作が出来上がってた。

mIMGP7338

椅子の笠木

1本の矢では折れてしまうけど、3本集まれば強くなる。

椅子の笠木の事です。椅子の背もたれにあるアーチ状の部材を笠木と呼びます。通常緩やかなアーチ上になっています。このアーチ状にするのにいくつか方法があります。無垢材の塊から削り出す方法や、無垢材を曲げる方法、薄板を積層して曲げる方法など。

前は無垢材を削り出す方法をしていました。通常使用では問題無いのですが、搬送に運送会社を使った時に笠木が折れてしまった事がありました。ダンボールの状態を見ても人が上に乗ったような感じで乱暴に扱われていたのは明白だったのですが、業者搬送ではよくあること。これに耐えるように梱包・または椅子の強度を上げなければと今回から加工方法を変更しました。

無垢の削り出しは、木の繊維が真っ直ぐになっているのに対して円弧状に形取るので、笠木の付け根部分で繊維方向が切れる目切れと呼ばれる部分が出ます。ここがどうしても弱くなります。なので、今回は薄板を複数枚重ねて型に入れ、プレスをして成型する方法にしました。

これだとしっかりと繊維が円弧状に沿うので目切れがおきません。また例え一枚に割れなどの弱い部分があっても複数枚で接着しているので影響がでません。まさに3本の矢。

これで搬送時の強度の心配もなくなりました。

mIMGP7327

mIMGP7330

sakura

いつもこの時期は花粉症がひどい。今年は去年の比ではないくらいひどく、鼻が詰まって夜もゆっくり寝られない。目もかゆいし喉も痛い。

仕事中は防塵マスクの下にティッシュで鼻栓してます。

そして桜の季節はいつもマスク。毎年桜の下で撮った写真にはマスク姿です。

mIMGP7306

mIMGP7278