夏休み

夏休みの旅行で牛久に行ってきました。牛久といえば大仏!ただの大仏ではなくて大きさが半端ない。足元に小さく写っているのが人なのでどれだけ大きいかが分かると思います。

mIMGP7670

今回の目当てはお盆の時期に毎年行われる牛久大仏花火大会。なんと大仏の横や下から花火が上がります。しかも時間は21:00からの5分間。その短い時間に1200発を一気に上げるというのだから凄い迫力らしいです。

この日はお盆追悼法要「万燈会」が行われて朝から露天等が出ています。19:00くらいから奉納花火というものが1発づつあがります。

mIMGP7684

迫力こそ無いものの大仏の横で上がるシチュエーションがシュールで、これだけでも楽しめます。その後、お坊さんが大仏の足元から門まで列をなして歩く万燈行列が行われます。門につくと読経が始まります。その間大仏はレーザー光線でライトアップ!ん~~、シュール。。

DSC_0282

読経が終わるとお坊さんの有り難いお話があり、最後に花火大会が始まります。

結構花火大会は行ってきましたが、こんな迫力の花火は始めて!始まった瞬間から他の花火大会のフィナーレ級が5分間続く感じです。しかも上がる場所が近い!ほぼ真上で開いている感覚。光と音が同時に聞こえるくらいの近さです。

上がる場所は2箇所。大仏の真下の足元から吹く花火と、少し左側の原っぱ?みたいなところから上がります。今年から花火を怖がらずに見られるようになった娘。始まった瞬間はビックリしてましたが楽しんで見ることが出来ました。