IMGP6161s.jpg

台風が中々過ぎ去ってくれずに神奈川も豪雨になるかと思い、外出を

控えてたけど、結局降ったのは夕方に30分ほど。

久々の予定の無い休日の外出タイミングを完全に逃しました。

 

夏休みに北海道旅行から帰ってきてから雨ばっかりの気がする。

北海道でも4日間まるまる雨でした。

初日はゲリラ豪雨並みの激しさ。

 

そんな中なので、雨がやんで曇ってくれただけでテンションがあがり、

少し晴れ間が見えただけで感動。

海鮮物のうまさに満足し、

ドライブ中に、きたきつね・鹿・牛・馬 に遭遇し、感激。

 

結局、大満足してたみたい。

 

IMGP6170s.jpg

 

 

 

椅子1/5模型

この夏、椅子塾に通ってます。

毎週土日、約一カ月間で、自分の製作したい椅子を 『人間工学』 に基づいて設計を行います。

 

椅子は唯一、体と接している家具です。

デザイン的に美しく、尚且つ強度を維持し、更に他の家具にはない座りやすい形状という事が

求められます。

この座りやすいというのが、なかなか・・・というより相当難しく、座った感覚では分かりずらい

ところがあって、インテリアショップ等で少し座った時は気持ちよく感じたけど、実際に購入した後

に自宅で長時間座ったら、なんとなく疲れる・・・なんて事、よくあります。

 

まずは、図面を書く前に1/5模型を製作して、デザイン検討を行います。

検討用なのでサクサクっと作れるようにバルサ材という柔らかい木を使って製作。

カッターで簡単に切ることが出来ます。

 

IMGP5940s.jpg

この模型である程度方向性が見えてきたら図面作成になります。

図面が出来たら、また模型を製作。細部検討して図面を修正。模型も修正し、また細部検討。

そして図面修正。この過程を繰り返しながらどんどん詰めていきます。

 

とりあえず今週中にあと2パターン程模型を製作します。

 

WOOD in the earの椅子デビューまでもう少しか!?

バターナイフ仕上げ

IMGP5903s.jpg

バターナイフの仕上げ。

サンドペーパで形を整えて、仕上げはクルミ油でオイルフィニッシュです。

ローストしたクルミの良い香りがします。料理に使用するオイルなので100%安全です。

クルミ油が無い場合は少し乾きにくいですがオリーブオイルでもOK。

 

自分が作った物で食事をする。

ある意味、贅沢に感じる時間です。

 

 

高尾山

三連休に、姉に誘われて嫁と一緒に高尾山に行きました。

登山といえば、10年前に富士山に登ったのが最後。

一応日本最高峰に登ったのだから高尾山ぐらいはと甘くみていましたが、

10年の怠惰な生活の結果が出たようです。

IMGP5810s.jpg

 

ありがたい言葉。

途中の疲れた心を見透かされているようです。

IMGP5798s.jpg

 

報われる瞬間。

IMGP5837s.jpg

 

バターナイフ

我が家では、パンにバターを塗る時に、いわゆる普通のナイフを使用しています。

特にそれでも支障は無かったんですが、程よい材が余っていたので、バターナイフを

作ることに。

 

まずは材料に輪郭を描き、糸のこで切っていきます。

IMGP5697s.jpg

切り終わったら後はひたすら小刀で削る。時折、上から、下から、横から形を確認し、好みの形に

なるようにどんどん削ります。

木には繊維の方向があるので、繊維に逆らわない方向(順目←ならいめと読む)を意識して

音楽聴きながらひたすら削ります。

IMGP5701s.jpg

ここまで来たらもう一息ですかね。

とりあえず今日はここまで。

後はもう少し削ってからペーパーをかけて仕上げます。

 

断捨離

IMGP5748s.jpg

製作過程で出る端材。↑はブックスタンドの端材。

何かに使えないかと捨てられずにいる。

これらを活用出来るアイデアが浮かばないのなら、断捨離か。

いやいや材料は無駄にしたくない。きっといつか・・・使います。

 

 

二眼レフ

 

IMGP5731s.jpg

2年程前に新宿の中古カメラ市で購入した二眼レフ。

このカメラを持って歩くと高確率で話しかけられます。

特におじいちゃん、おじさん世代に。たまに外人にも。そんなちょっとしたやりとりも

楽しみの一つ。

発売から何十年も愛され続けた物はコミュニケーションツールとしての

機能も付加されるようです。

 

レンズが上下に2つあり、上のレンズはファインダー用で、下のレンズが撮影用です。

ビューファインダーが上にある為、撮影する時はカメラを腰の位置に構えて上から覗くカタチになります。

 

このカメラのファインダーごしに見ると、日常が非日常に見えてきます。

何か新しい事が発見出来そうな、その感覚が好きです。

IMGP5729s.jpg

 

クリマ

IMGP3943.jpg

今日、明日でクリマが開催されます。朝一に雑貨屋さんからのメール『今日出てますか?』で

気付きました。今年は関東のイベントに出展しようと思っていたので今回は見送りです。

だけど、今日開催しているかと思うとやっぱり出たくなりますね。

搬入の時の高揚感が好きです。お客さんが足を止めてくれるようブース配置を考えるのも好きです。

お客さんと話してモチベーションも上がります。素通りされたり、批評を受けたりし自分に足りないとこも見えてきます。

だけど、全てはお客さんの『喜ぶ顔』が見たいが為にやっています。これは、これからもずっと私の仕事の

軸でありつづけると思います。

 

 

イベントは今のところは11月のデザインフェスタに出展予定です。

http://www.designfesta.com/index.html

 

 

 

 

 

 

 

 

マガジンラック試作

日頃、暇な時間を見つけては新しいアイテムのアイデアを練るようにしています。

なかなか試作を作成する時間がとれずいたのですが、今日一つ試作を作成。

スケッチ段階ではまあまあカタチになりそうな手ごたえを感じていたのですが、

試作を作ってみたら、なんとなくグッとこない。

細部の処理の問題か?

家具もそうだけど、雑貨も角処理(面取りにするか丸みを付けるか)や微妙なテーパ

で表情がガラッと変わります。これだけはスケッチ段階ではなかなか掴みにくい。経験あるのみです。

 

だけど今回のは全体のバランスのような感じ。

更に機能的にもいまひとつ。

 

今回の試作品は客観的に見れるようになるまでひとまず保留。

その間に別のアイテムの試作に着手します。

 

ちなみに今回の試作品はマガジンラック。

次の予定はA4トレー。革を使ってみます。