神奈川の家具工房 WOOD in the ear

  
  1. ホーム
  2. 無垢材家具について

●無垢材家具の特徴

無垢材家具の特徴

WOOD in the earでは基本的に無垢材を使用して家具を製作します。
無垢材の特徴や仕上げのについて、また使用に関して注意する点などを書きましたのでご検討の際に是非ご一読下さい。

無垢材とは

無垢材とは合板などを使用せず丸太から切り出した木の板そのものの事を言います。
この切り出した木の板は湿度(木の表面の水分量)の変化により反りやねじれ・伸縮が発生します。 この木の動きは一枚一枚違うため、それぞれの個性に合わせて対応していきます。 家具になった後も季節(湿度)の変化で伸びたり・縮んだりと動き続けます。 そのような特性を理解して木が動いても壊れない構造を考えながら加工しております。

その他の素材

基本的に無垢材を使いますが場所(背板や棚板)によっては突き板と呼ばれる薄くスライスした無垢材を貼った合板(突き板合板)を使用することもあります。 突き板合板は反りやねじれが出にくい材料で、表面も無垢材が貼ってあるため見た目はほぼ分かりません。ただ表面に貼ってあるだけなので深く傷を付けると中の合板が出てくるので注意が必要です。 また、鉄や真鍮・籐などの素材も使います。適材適所に材料を使うことでより良い家具になると考えます。

製作のこだわり

それぞれの板により木目も色味も様々。節があったり、割れが入っていたり。 それらの個性を一つ一つ吟味して適切な場所に配置していきます。
・節は入れるのか取り除くのか? 入れるとしたらどこに配置するのがバランスが良いか?
・木目をどのように組み合わせると綺麗になるか。
・※木表、木裏の使い方は? (※丸太にした時に外側を向いている面が木表。通常、反りは木表が凹になる事が多い。)
などなど、色々な事を考えながら板から部品を切り出していきます。

気持ち良い手触り

木の持っている滑らかな手触りを出す為に鉋やサンドペーパーを使って表面を仕上げていきます。 平らな箇所は平面が崩れないように、丸み部分は形状に合わせて、エッジ部はシャープさを保ちながら細かいディテールが崩れないように 慎重にそして念入りに磨きます。

何度でも修復可能

無垢材家具はご自分でも修復出来ます。例えばちょっとした凹みなら濡れた布を凹んだ箇所に一晩置いておけば元に戻ります。軽い傷やシミはサンドペーパーで削れば綺麗になります。 テーブルなどはお預かりして再び鉋を掛ければ新品同様にまで戻ります。 長年使えるということは修復可能ということです。

塗装について

塗装は基本的にオイル塗装で仕上げております。オイル仕上げは表面に膜を作らない塗装のため木の質感を損なわずに自然な風合いが出ることが特徴です。ただ水に弱いという特徴もあります。 WOOD in the earでは通常のオイル仕上げの他に、テーブルには耐水性がアップしたウレタンオイルという物を使用しております。これは耐水性を高めつつ表面の質感もメンテ方法もオイル同様の仕上がりとなるオイルです。 また、ご希望があればウレタン仕上げも致します。

ご使用について

無垢材は家具になった後も呼吸をして生きております。そのため、湿度変化により1年を通して伸縮や反りを繰り返します。下記条件下においては顕著に木が動く可能性がありますのでご使用の際にはご注意ください。 ■冷暖房の風が直接当たる場所には設置しないで下さい。
■直射日光を避けて設置して下さい。
■湿気や乾燥が著しい箇所には設置しないで下さい。
■屋外での使用はおやめ下さい。
■水で洗う事はしないで下さい。
テーブルは通常のオイルより水に強い物を使用しておりますが、長時間水滴の付いたコップ等を置くと輪染みが付く可能性があります。 また熱い物を直接置くこともおやめ下さい。お食事の時はランチョンマット等のご使用をおすすめ致します。


一生を共にする家具になるために

しっかりとした作りで一生使える家具として製作します。

どうしても見た目が重くなりがちな無垢材家具ですが、WOOD in the earでは細部にこだわった繊細で優しいデザインを得意としてます。

心が暖かくなるデザイン・暮らしを便利にする道具としての機能を持ってこそ一生を共にする家具になります。

『これは小さい時におもちゃを振り回した時に付けた傷だね。』
『これはあの時こぼしたシミだね。』

何年後かにそんな会話が聞こえてくる、家族の成長と一緒に歩む家具。
そんな暮らしも素敵です。

Copyright(C)2010オーダー家具工房WOOD in the earAll Rights Reserved. 特定商取引法に基づく表記
プライバシーポリシー お問い合わせ