ドレッサー追い込み。

今まで製作してた大きいドアが無くなって広くなった工房ではドレッサーの追い込みです。

オーク材のドレッサーとスツール。

オーク材とナラ材はほとんど似たような材料です。

ぱっと見はほとんどかわりませんが、良くみるとオーク材の方が木目があらい感じです。

また重さもオークの方が重く、固いです。

鉋も逆目がなかなか手強い。

刃を良く研いで気を付けて鉋をかけないと

『逆目ぼれがぁぁぁ』

となって泣きをみます。

 

スツール組立前

mIMGP0686.jpg

組みあがるとこんな感じ。

凹んだところに座面が入ります。

mIMGP0694.jpg

そういえばアイアン作家さんが来た時に、木屑は優しくていいね~って言ってましたが、

確かに鉄粉は厳しそうですね。

言われて木の香りがいいなぁと再認識しました。

製作する樹種で香りが全く違うので楽しいですね。

ちなみに私が一番好きな香りは、やっぱり甘い香りの山桜。

mIMGP0685.jpg

 

ドレッサーの引き出し部です。

mIMGP0681b.jpg

本体の組立。

棚は籐張りになります。

mIMGP0688.jpg

  • woodinthe-ear

コメントを残す