ローテーブル矧ぎ

ローテーブルの矧ぎをしました。材料はウォールナット材です。3枚矧ぎの綺麗な木目のローテーブルになりそうです。最近ナラやチェリーでの製作が多かったので、ウォールナットで家具を作るのがとても新鮮で楽しいです。削った時のウォールナットの香りも久々で嬉しくなります。

ローテーブルのウォールナット

ウォールナットは硬すぎもなく柔らかすぎでもなく、導管が細すぎもなく太すぎでもなくと、とても加工もしやすい材料です。なんといっても乾燥などによる動きが少ないのも安心して使えます。またオイルを塗った瞬間の色が濃く深くなるのがとても気持ち良いです。

脚は丸脚の四方転び。丸脚は幕板の胴付き部(丸脚に接する部分)を丸くしないとならず、ただでさえ手間がかかるのに四方転びにすると更にやっかいな加工になります。専用の刃物も必要になるので、今回の仕口は胴付き部を一段彫り込んでほぞを組む方法にしました。彫り込み用の治具を作って端材で試作を作ってみましたが、見た目・強度とも良さそうです。これで本番に臨みます。

丸脚試作

こちらは食器棚で使うスライドレールでドイツのメーカHettichのクアドロ。金物ではblumと共に定評のあるメーカーです。外国のメーカーの金物は作りもしっかりしていて、機能も細かいところまで手が行き届いています。ただちょっと値段が高い。。。

ヘティヒ クアドロ

  • woodinthe-ear